会津若松ホームページ作成

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津若松ホームページ作成 【マレーシア】パナソニック、環境事業を強化:総合ソリューションで20億目標

<<   作成日時 : 2011/09/24 12:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パナソニックが、マレーシアで環境事業を強化する。18日に環境製品・技術を総合的に売り込む「エコネーション」計画を開始すると発表した。専用ショールームなどを通じ、エコ家電、太陽光発電、電気自動車(EV)充電施設、管理システムなどを総合ソリューションとして販売していく。2012年3月期にエコ関連の売上高20億リンギ(約514億円)、売り上げ全体に占める比率を50%に高めることを目指す。

 パナソニック・マレーシアの販売製品ラインアップのうち、エコ関連製品は60%を占めている。「エコネーション」計画では、エコ製品やシステムを効率的に組み合わせ、家や店、ビル、工場をまるごとエコ化できるパッケージ製品として売り込んでいく。

 年内にスランゴール州プタリンジャヤで環境ショールーム「エコネーションセンター」を開設する。同センターは屋根に世界最高水準の変換効率を誇る太陽電池モジュール「HIT」を設置、リチウムイオンバッテリーによる蓄電やエネルギー管理システム、消費電力が少ないエコ家電を配置し、スマートホーム、スマートオフィスのモデルケースとして紹介する。

 またパナソニックグループの広告ソングを歌うサラ・ブライトマンさんを起用したテレビコマーシャル、専用のホームページ開設などにより、「エコネーション」を宣伝していく。

 ■工場向け省エネ事業強化

 パナソニックグループは、2018年の設立100周年に向けて、家電・エレクトロニクス業界でトップのエコ企業を目指す目標を掲げている。

 マレーシアでは、昨年10月にパナソニックエコシステムズ子会社のパナソニック環境エンジニアリングが支店を設立。来月にパナソニック・マレーシアの天井ファンを生産するシャアラム工場内で、工場の省エネノウハウを紹介するショールーム「eco見える化室」を開設し、本格的に事業を開始する。パナソニック・マレーシアとも協力しながら、工場向けに省エネソリューションを売り込む。

 ■IGEM、2倍のスペースで出展

 9月7〜10日にクアラルンプールで開催される国際環境技術・エコプロダクツ展示会(IGEM)では、昨年の2倍のスペースで出展する。昨年の第1回開催でも、出展企業中最大のスペースを確保していた。今年はエコネーションの概要を紹介するほか、HIT、リチウムイオンバッテリーシステム、省エネ家電、コンビニエンスストアの空調や販売時点情報管理(POS)を組み合わせた総合ソリューション、省エネ照明器具、液晶テレビ「ビエラ」などを展示する予定だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会津若松ホームページ作成 【マレーシア】パナソニック、環境事業を強化:総合ソリューションで20億目標 会津若松ホームページ作成/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる